リースについて

リースのメリット

効率的な資金運用ができます

機械設備などを導入する際は一時に多額の購入資金が発生しますが、リースをご利用の場合には月々のわずかなリース料のお支払で済みますので、その余剰分や借入枠を投資、あるいは運転資金として効率良く活用できます。


オフバランス効果が得られます

バランスシート上では、リース取引は資産・負債項目に計上されません。
(※中小企業に限り適用可能となります。)


事務負担を軽減できます

機械設備や自動車を購入した場合、多くの事務負担が発生してきます。資金調達、固定資産税の申告・納付、損害保険、資産処分事務などがありますが、リースをした場合はこれらの事務手続きが不要となり、管理部門の合理化が図れます。


リースは経費処理できます

税務上で認められた期間であればリース料は全額損金算入ができます。


コスト把握が容易

リース料は月額均等になっているため、リース料がそのまま使用コストになり、原価計算が容易で経理事務や管理業務も簡素化されます。


金利変動リスクの回避

原則、リース料は固定のため、金利変動にも左右されず、月々のお支払金額が平進化できます。


物件の陳腐化回避

機械設備の陳腐化を考慮し、経済的な耐用年数に合わせたリース期間を設定することで、常に最新鋭の機械設備が活用でき、物件の陳腐化リスクを回避できます。


動産保険

リース期間中、リース物件は動産総合保険に加入(偶然発生する事故によるリース物件の損害を担保)するので、安心してご利用いただけます。
【主な損害…火災・落雷・爆発・破裂・盗難・落下・衝突 他】

page top

リースについて